安く医者になる方法

 

医者になるのは、すごくお金がかかるというイメージがあります。
では安く医者になる方法はあるのか、というと、いくつか方法があります。

 

 

まず、絶対条件として、国立の医学部に入る必要があります。

 

 

私立の場合、入学金で数百万、年間の授業料などで500-800万くらいかかってしまうため、トータルで数千万円かかってしまいます。しかし国公立の場合は、1年の授業料は50-60万円なので、6年間で学費だけなら300-350万円くらいで、普通の私大に入るよりもむしろ安いくらいの学費で通うことができます。

 

 

それに加えて、実家から通うというのが、最もコストパフォーマンスが良いです
一人暮らしの費用はかなり大きな負担になります。

 

 

一人暮らしをしないと暮らせない場所に入学した場合、1か月の生活費で10-15万以上はかかってしまうため、1年で150万ほど、6年で1000万円ほどかかってしまいます。これが実家暮らしの場合、その費用がまるまる浮いてきます。

 

 

中には、奨学金などで通うことができる大学もあります。
そういった大学では、親の負担が少なく大学に行くことができます。

 

 

また、防衛医科大学などは、大学に行くこと=給料をもらいながら通うということができるようになります。大学にいる間に、給料を一緒にもらうことができるのです。
この場合には、費用が掛からないだけでなく、むしろお金が増えていきます。

 

ただし、医者になったあとに自衛隊関連の場所で何年間かの勤務をしなければならないという制約があります。

 

似たような方法で、自治医科大学や産業医科大学授業料負担をしてもらいながら医師免許をとることができます。

 

・自治医科大学の場合は、へき地での数年間の勤務
・産業医科大学の場合は、産業医としての数年間の勤務

 

が必要となります。

 

 

しかし、それさえ行えば免許は普通の医師免許なので、お金をかけずに医者になることができる方法として人気があります。