私立大学

 

私立大学に入ることで、医学部に入り医師になることが出来るようになります。
国立大学と比較したときに、どんな特徴があるのでしょうか。

 

学費が高い

私立に関しては、学費がものすごく高いです。
『医者は親が金持ちじゃないとなれない』とゆやされるのは、この私立の学費から来ているのが大きいと思います。

 

入学金が800万、学費が1年600万、その他寄付など・・・・と雑費合わせ4000万超える場合もあるので、結構な額ですよねぇ。。

 

 

今現在の試験構造だと

 

@センター試験
     ↓
A私学の医学部入試
     ↓
B国立の医学部入試

 

となっています。
私立の医学部は、入学予約のような形で800万受け取って、いざ『行かない』となった時には、700万ほど返金されます。100万は帰ってきません。

 

 

なので、私学の医学部はかなりお金がかかります。
俺も。親に『土地売って何とかすることもできるよ』と言われてドン引きした記憶があります。

 

 

難易度も上がってきた試験

 

最近では、私学の医学部の受験も激戦区になってきていて、受験対策や受験勉強でも相当上位に行かないと入学できないくらいのレベルに上がってきています。
私立大学
このように、医学部の偏差値も上がってきています。

 

 

なので、昔の費用が高い・勉強面ではある程度で何とかなる、であったのが
費用が高い。かつ難しい。に変わってきています。

 

 

 

 

私立大学医学部の子供は金持ち?

 

ピンきりですが、ビックすするくらい金持ちな人とかは居ます。

 

といっても、私の場合は私立ではなかったので、そんなに数は知らないのですが、
親から別荘かりたり、クルーザー借りたり、大学に通う安い場所だからという理由でマンションを買ってもらう人とかも中にはいます。(もちろんみんながみんなそうなわけではないので、誤解しないでください)
ただ、そういう人も居てびっくりしました。

 

 

ただ、私大卒の人は何となく穏やかな人が多いなと思います。
理由はよくわかりませんが、なんとなく人生の余裕がにじみ出ているような、優しい人が結構多いように思います。