算数が得意になるには(最初から得意にするには)

 

算数が得意になると、確実に医学部受験に有利です。

 

 

なぜなら、医学部の受験では

国立の場合、センター試験+二次試験
私立の場合、二次試験

でほぼ数学が出てくる上に、その数学ではかなり難しい問題が出てきます。

 

 

それで点数が取れると有利というのは言うまでもありませんが、数学が得意になることで数学にかける時間(受験の時に数学を勉強する時間)を減らすことができれは、ほかの科目の点数の底上げにつながるということも忘れてはいけません。

 

 

さて、そこで数学をいつか出来るようにするためには、小学校時代すでに算数が得意なことが大事です。数学の場合は、一度落ちこぼれると普通にしていては取り戻すことが難しいですし、得意なことはどんどん自分でやるようになっていくので、勝手に数学もできるようになっていきます。

 

 

まず最初から得意にする、という視点でお話をすると、【そろばんを習わせる】というのが一番大事です。
そろばんの重要性というページでも解説していますが、これはオススメです。

 

 

また、そろばんに加え公文でも通信講座でも構いませんが、大事なことは『授業よりも先にその分野を終わらせておく』、ということが大事です。どういうことかというと、授業で習う内容はもう前もって全部しっているよ、という状態をつくるということです。

 

 

はっきり言うと、学校の算数の勉強なんて無駄です。簡単な内容を、レベルの低い子に合わせて(失礼な表現ですが下に見た発言をしているわけではなく、得手な人も不得手な人も同じように教えるということについて)、ゆっくーりとやっているので、無駄です。

 

 

黒板に解けるまで書いてもらう、ということを小学校の時にやっていた気がしますが、時間の無駄も良いところです。

 

 

理解をする という段階と
練習をする という段階と

 

 

あるのですが、理解はもっと短い時間で出来ます。
そういうのは、つまづかないためにも時間をとって(理解できたとなるまで)予め出来るようにしておくことが大事です。

 

 

ちなみに予習をしておけば、先生がみんなにゆっくり教えている段階の時に教科書の先を読んで、面白そうな問題があればそれを解くことでみんなが無駄な時間をつかって理解をしようとしている間に、練習をしてほかの人よりもできるようになる時間に費やすことができます。

 

 

また、予習をしておくことで当てられたらさっとといて優越感を味わったり(無意識で)、得意だぜという感覚が研ぎ澄まされていきます。

 

 

 

 

算数が得意になっているという目安

 

小学校のレベルで算数が得意かどうかは、『テストが簡単すぎ』て、測るのは難しいかもしれません。
目安としては、1時間を使ってする試験があったとすると、15分以内に終わって100点、(ケアレスミスはOK)というのが、一つの目安になると思います。

 

 

普通の小学校の試験なんて、100点とって当たり前ですし、時間もかかりません。
ちなみに算数苦手な子は、分数でつまづきやすいのでここはかなり早くからマスターさせてください。

 

 

万が一、ミス以外で80点とか90点とかしか取れない場合は、どこかでつまづいています。
3年生くらいまでは、こういう感じで先どって先の分野を進めておけば算数が得意な子になります。