医者と結婚するときの苦労-家庭環境-

 

医者と結婚するときに、家庭環境で苦労しないか心配、という方が居ます。

 

例えば、結婚予定の彼の実家に挨拶に言ったら、
「辞めておいたほうがいいんじゃない?」となってつらい思いをした、という人も居ます。

 

実際、家庭環境ってどうなの?という話をします。

 

 

 

実際は、多少関係ある

 

相手の家庭環境とかは、結構気にする親はいるかもしれません。ただそれぞれで、私の所は全く気にしません。

 

例えば、相手の家系の格」みたいなのを気にする人が居ます。
格とかって、ドラマではありそうですが、あんまり見たことはありません。ただ、いいところの坊っちゃんはいいとこおの嬢さんと結婚しているのをみることは結構あります。出会いやすい環境とかもあるんだと思いますが。

 

ただ、家庭環境が近いかどうかっていう意味では、格を重んじるとかそういう話ではなく、近い家庭環境の人を選ぶことはあると思います。
家庭環境が近いと、教育方針だったり、金銭感覚だったり、お互いの価値観が近いことが多く話がスムーズだろうな〜と思う時もあります。
特に、私の場合は、相手の家の教育方針を凄く気にします。子供に伝わる教育って、母親の影響が凄く大きいと思うからです。

 

 

 

もし両親に反対されたら

 

「いや〜、親に反対されちゃって・・」という人も居ます。
そういう場合は、もう相手に任せるしかないんじゃないかと思います。

 

反対する親を説得したり、親に堂々と主張したり、どうしてもその人と居たければ頑張らないといけない時もあるのです。

 

年齢が上がるほど考え方は固定化していくので、「相手の親の考え方を変える」のはなかなか難しいかもしれません。
そういう時でも、お互いどれだけ許容できるか、っていうの次第なところもあるので、いいところを見せていって、いい子だなとわかってもらうとかそういう努力をしていって、相手の親が変わらなそうならもう会わないようにするとか、それでも相手はOKかどうかとか、そういう部分になります。最低限、同居は避けるとかそういう行動は必要だと思いますが。

 

ただ、一点だけ強調したいところもあります。
それは「実際会ってみないと分からない」というところです。

 

自分の親とか周りに、「大変そうじゃない?」と心配されると思いますが、そん意見はゴミみたいなものです。うわさ話は悪いイメージになりやすいので、そういう方向に行きやすいんだと思いますが、結構気さくな両親の人たちって多いし、気にする家は気にするし、気にしない家は気にしないです。

 

 

 

 

ちなみに、どんな家庭環境が多いか

 

実際に周りを見てみると、医者家系っていう人は多いです。
ただ、勤務医の場合は正直勤務医ってただのサラリーマンだし、それほどビクビクする必要はありません。代々続く〜とかいう家だって、そんなに肩肘張っているわけではない家もあります。家によってマチマチだと思います。うちは、ゆるいです。

 

ただし、中にはプライド高い家もあって、女医さんじゃないと許さんとか、お嬢じゃないと許さんとか、そういう人も居ます。

 

大学が国公立の場合は、学費も年50万くらいなので、普通に小中高出て、なりたかったから誰でもなれる仕事です。
サラリーマン家庭も多いし、家が金持ちで、というより、仕送り0円でお昼ごはんはチョコバー(1円あたりのカロリーが高いから)という人も居ます。

 

すごくざっくりしたイメージだと、半分くらい医療関係の家、半分くらいは医療と関係ない家、というイメージです。