医師の収入の中で、資産管理会社(法人)の収入に変換できるものの案

医師の給料の中で、資産管理会社(法人)の収入にできるものが増えると、資産管理会社作りが現実的になります。

 

しかし、健康保険に関わる費用を、【個人の給料】と【法人への支払い】に分けることは難しいです。

 

以前、麻酔科なら法人を作って給料を法人でもらうという手法ができるのでは?という話題が出た時期もありますが、今は否定されてきています。

 

では、どのような収入が法人の利益にできるかの案を紹介します。

 

 

本や講演料

出版する本の原稿料や印税は、法人の収入にできます。
・本の印税
・講演会での講演料
・勉強会での講演料
は、有名な医師になれば相当入ってきますので、良い収入になります。

 

法人にするメリットを最大限に生かせるのでお勧めの方法です。

 

ただし、本や講演料が多くない場合には、雑所得扱い(年間20万+経費分は税金がかからない)とする方がメリットが大きい場合が多いです。雑所得の場合も、経費計上はできるため、きちんと行いましょう。

 

講演料の場合、個人と法人では、支払い方法が異なります。

 

個人でもらう講演料が7万円だとすると源泉徴収を引かれて振り込まれます。

 

一方で、法人化する場合には消費税を加えて支払われるため、7万円+消費税分が振り込まれます。後で確定申告は必要ですが、会社を作って最初の2年間は消費税がかからない制度があるためその分はお得になります。

 

 

不動産収入

不動産を法人名義で購入することで、不動産の収入は法人の収入にすることができます。医師の場合は、連帯保証として自分の名前を入れて不動産融資を受けることがやりやすい職業であるため、資産管理会社(法人)を作り、会社で不動産を購入しているケースが多いです。

 

 

投資関連(配当金など)

投資関連の配当金なども会社の収入になります。
ただし、個人の場合でも配当金は一律の税金であり他の収入と合算されないため、法人で配当金をもらうメリットはそれほど大きくはありません。

 

資産承継として配当が出る安定した株を持った会社を子供に残してあげるなどの方法のための収入と考えてもよいかもしれません。

 

 

ブログの広告収入や商品

ブログやホームページで張っている広告の収入や紹介している商品や自分の商品が購入された場合の収入は、文句なく会社の収入になります。

 

 

受託した仕事

医師としての労働ではなく、ライターや編集者として企業に頼まれて受託した仕事は、会社の収益にできます。この収入は、実際に会社を立ち会えげた後に、会社に入る利益がないかな?という目線で探すとどんどん増えてくることに気が付きます。

 

 

知的財産権を利用したパテント料

メーカーと共同開発をした商品の売り上げに対するパテント料は会社の売り上げになります。永続的に続く商品を作り、パテント料をもらえるようだと、ずっと続く売り上げになります。

 

 

商品を仕入れて患者さんに売る

例えば血圧計など、薬局で患者さんが購入するであろうものを医師が仕入れて患者さんに対面で売ってもらったり、チラシを渡して購入してもらう場合であれば、薬局が得ていたであろう中間手数料を売り上げにすることが可能です。
性能が安定している血圧計や、アプリと連携して測定するだけで毎日の血圧がグラフにできるような血圧計もあり、患者さんの血圧管理にも+になるため、ウィン-ウィンです。

 

 

そのほか

そのほか、https://note.mu/orthopedist/n/ne84a282ec8a7?magazine_key=m4ad29b2f5ec4という方法を実践されている先生もいるようです。

 

 

 

社会保険料をベースにした医師の収入を、法人と個人と両方に振り分けてもらうのは経済的な合理性に欠けます。そのため、病院側が要らないリスクを負わなければならなくなり、オススメできる方法ではありません。

 

医師の収入の中で、法人化したときに会社に移せる売り上げを考えていくと、法人化のめどが立ってきます。

 

そして、普段必要だと自分が感じていて、どこかの業者が中間利益を得ているような商品があれば、中間代理店の役割を自分が担い患者さんに値段や診療でお返しする方法を取ると、同じ仕事量でも年収を上げることが可能です。