医者と合コン

 

合コンに行って、モテるかどうか、という話をします。

 

また、もし自分が行く立場や男幹事の立場だったら、こんな会だと良いのにな、という話を全て話そうと思います。(よかったら試してみてください)

 

このサイトの左上の方のコンテンツに比べて、ゲスい話だなぁ・・・。

 

 

合コンでモテるかどうか

 

相手の乗り気や
こちらの容姿やメンバーとの会話の盛り上がり方によっても違ってきます。
モテるかどうか、結構人それぞれだと思います。身も蓋もない話ですが。

 

ただ、合コンの目標が持ち帰りとかだとかテクニック次第な気もしますが
連絡先を交換して次に遊びに行く、とかだと、結構アドバンテージがあるような気がします。

 

連絡先交換してその後デートというのは、他の職種に比べると割りとレベル高めの子相手でもできるので、そこで頑張りましょう。

 

時々めっちゃ乗り気な子とか居て、ガツガツ連絡が来る子とかも居ます。○日と○日どっちがいいですか??みたいな。・・・まさに肉食。

 

普通に街を歩いていたらそんなことはないので、きっとアドバンテージなんだと思います。
そういう意味では、モテる要素にはなると思います。

 

 

 

 

どんな合コンを開くとよいか

 

さて、この話を世の中の女性に強く聞いていただきたいと思うのですが、こんな合コンを開くべきではないかという提案です。

 

 

■:可愛い子を揃える。

 

多くの女性が勘違いしていると思いますが、合コンでは、揃えられる範囲で最もレベルの高い女性を揃えるべきです。世の女性は、幹事をする時に自分と同じか自分よりやや劣る人を連れてくる傾向があります。そのほうが、自分が引き立つので良いと思ってくれた人とうまく行きやすいというのがあるのかもしれませんが、それなら彼氏持ちの可愛い子を連れて行けば良いと思います。

 

逆の立場で考えてみましょう。男幹事が冴えないメンバーばかり揃えてきたら、会自体が盛り上がらないですよね。そんな会でどんどん話が盛り上がったり、連絡先聞いたりしたくなりますか?そういう場面すらやってこなそうです。

 

会自体が盛り上がれば、「良いな」と思う人が居た時も連絡先交換しやすいですし、可愛い子を揃えていけば、自然に連絡先交換場面になります。可愛い子が多い子は、「かわいい集団に居る子」と思われるため、相対的に株は上がります。

 

ザイオンス効果という、会う回数が多い人に好意を抱く、という心理学の法則もあります。仲良くなった人ができると、そこから発展したりさらにいい人が来たりと、良いサイクルに入ることができます。

 

男幹事の立場から言わせていただくと、性格なんて何回か会ってみないとわからないから、とりあえず可愛い子が何人か居れば面目が保たれる、というのがあります。

 

医者を4.5人集めるのは、結構たいへんです。当直があったり、待機だったり、残業だったりと、時間を作ってもらって来てもらったら、可愛い子1人もいない(性格はいいかもしれないけど、短い時間じゃ分からない)、会は盛り上がらない、では、もうその幹事の女の子との飲み会は開けないなと思ってしまいます。

 

「あの子達可愛かったけど性格きつそうだったな、アハハ。また行こうよ。」とでも言ってもらえれば、なんとか面目は保たれるのです。
「いい子達なのかもしれんけどわからんね、アハハ。盛り上がらなくてごめんね。」と言われると、申し訳ないのです・・。

 

一回会を開いたけど次につながらない、という時は、是非試しに目一杯レベルの高い女性陣で出陣してみてください。面白いことになるかもしれませんよ。