結婚するなら何科の医者がおすすめ?

結婚する医師の、「診療科」、気にしていますか?

 

同じ医師でも、生活スタイルも収入も忙しさも全然違いますし、性格も大きく違います。

 

もちろん個人差もあることを承知いただきたいですが、たぶんどこよりも詳しく、それぞれの科の生態、将来性についてと家庭での収まり具合について、解説します。(独断と偏見のある意見であることを承知いただければ幸いです)

 

 

内科系医師

内科と一口に書きましたが、実はその中でも細分化されています。

 

その科ごとに特徴があるので、それを解説していきます。

 

 

循環器科

循環器科は、心臓の病気を扱う科です。

 

病名で言うと、心筋梗塞、心不全、狭心症、弁膜症などの、心臓の病気全般を扱います。

 

心臓は、少しの異常で命に直結するので緊張感のある科で、生き死ににダイレクトにかかわり、緊張感のある科です。心臓カテーテルという、心筋梗塞になってしまったときに命を助けるための治療をできる唯一の科なので、内科の花形ともいえる科です。

 

そういった命に係わる手技を行う科なので、夜に緊急の呼び出しが避けられない科になります。端的に言えば忙しいです。夜呼ばれ、日中は忙しいです。

 

こういった命に係わる手技をお願いしたり、リスクのある患者さんのバックアップをお願いする形になるので、他の科からお願いしていろいろしてもらう形になる科(つまり偉い科)になるので、循環器科の医師はメンタル的にも強者のメンタルを持っていることが多いです。

 

自分に自信があって、強い感じの医師です。
とても強く、外科的な要素があり、ワイルドである一方で、カッコいい医師像から、浮気率は高めです。

 

将来AIが発達しても、心臓を直接操作する手技を持っているので、廃れにくく将来性は高い科です。ただ、特殊な手技であるため、大病院で手腕を発揮する科であり、開業向きかと言われると疑問は残り、高血圧などの一般的な病気を見る内科医として開業しているケースが多いです。

 

命を助けるカッコいい医師と結婚したいなら、循環器科です。

 

 

 

消化器科(消化器内科)

消化器科は、胃腸などの食べ物を消化する臓器と、肝臓や膵臓などの消化酵素を出す、お腹の中の臓器全般を扱う科です。
幅広い病気をカバーしており、かつ内視鏡(胃カメラなど)の特殊な手技もあります。

 

夜に急変する可能性のある、「消化管出血」などの病気は、内視鏡手技がなければ命に係わるため、夜呼ばれることも多く、また病気が幅広いため、患者さんの数が多く忙しいです。

 

将来AIが発達しても、これらの手技はなくなることはないと思われるため、廃れにくく将来性は高い科です。また、内視鏡バイトは時給が高く、副業でのバイト収入も高単価なものが期待できます。開業した場合も同様で、内視鏡という武器を持って他のクリニックには負けない高単価な診療を行えるケースがあります。開業も将来性あり。

 

個人ですべて完結できるため、一匹狼的な人も時々いますが、正確は循環器よりもやや優しめな人が多いです。浮気率は普通くらいです。

 

バランスよくオールマイティーな安定性のある医師と結婚したいなら、消化器科です。

 

 

 

呼吸器科

肺の病気(肺炎や喘息や肺がんなど)全般を扱う科です。

 

病院によって、夜中にどこまで呼吸器科でみるかによって忙しさは変わります。肺炎や喘息などを救急外来で対処してくれる病院で勤務する場合は、上の2科に比べると余裕が出ます。

 

しかし、患者さんの数は非常に多い(肺炎は入院を必要とする感染症で一番多い!)ので、基本的には忙しいです。浮気率は普通よりちょっと多いくらいです。

 

開業すると、喘息や禁煙外来など身近な病気も多く、また高単価な外来(指導料)も可能なので、開業の将来性もありです。

 

癌などの呼吸が苦しくなる病気を扱うので、根が優しい人が多く、人に寄り添える人もが多いです。

 

優しい医者っぽい医者と結婚したいなら、呼吸器科です。

 

 

 

神経内科

脳梗塞などの病気や、変性疾患、難しい病気を診る科です。
難しい病気が多いので、求道者のように勉強する医師が多いです。

 

忙しさは、脳梗塞に対する緊急処置を行うか行わないかによって変わり、急性期で救急に力を入れている病院で働くと忙しいです。

 

ただ、そうでない場合は、自分の時間を自分でコントロールできることの多い科です。

 

稀な疾患が多いため、どうしても神経内科の病気は大きな病院に集中しやすいため、主なフィールドは大きめな病院になり、他には内科全般を見ることもあり、バイト先はあまりありません。

 

開業も、それほど向いていません。

 

真面目な人が多いので、浮気リスクは少な目です。

 

インテリで物知りで真面目な医者と結婚したいなら、神経内科です。

 

 

 

内分泌・糖尿病科

糖尿病や脂質異常症などの生活習慣病を扱う科です。
糖尿病は非常に外来患者さんが多く、外来中心の科です。

 

緊急となる病気が数個しかないため、夜間の呼び出しは非常に少なく、外来中心であるため外来は忙しいですが、オンオフが付けやすい科です。

 

現在は糖尿病を糖尿病専門医に見てもらうことは良いですが、AIが自動的に血糖管理をしてくれる時代になったときに、どうなるんだろうという素朴な疑問はありますが、インスリンの注射指導などは外来単価も高く開業も向いています。

 

外来中心でできることや、夜の呼び出しがないため、女医さんの進出も目立つ科になります。

 

糖尿病患者さんに付き合う中で、辛抱強く懐の深い人が多いです。

 

がつがつしていないので、浮気リスクは低めになります。

 

優しい医者と結婚したいなら、内分泌・糖尿病科です。

 

 

 

腎臓内科

腎臓が悪くなる病気や、血液透析などを見る科です。

 

緊急性のある病気はそれほど多くなく、緊急で透析を行わないといけない場合に呼び出しがあるくらいで、比較的オンオフは付けやすい科です。

 

透析のバイトがあり、内科の中では最もバイトが潤っている科になります。
現在の医療制度では、透析が非常に優遇されているため恵まれている科ですが、透析の将来性に大きく依存した科になります。

 

透析病院を開業するという方法がありますが、規模が大きくなるのでリスクと隣り合わせになります。

 

透析患者さんに付き合う中で、辛抱強く懐の深い人が多いです。

 

浮気リスクはやや低めになります。

 

ある程度生活を重視した医者と結婚したいなら、腎臓内科です。

 

 

総合内科

内科全般を見る科です。

 

病院によってどのような病気をどれくらい見るのかが大きく異なるので、一般化することは難しいですが、新しく出来てきている科なので、医療に真摯な人が殆どです。他の科よりも医学に集中している率は高いと思います。

 

真面目な人が多いので、浮気リスクはやや低めです。

 

他の内科は、自分の科の病気以外は手薄になりがちですが、総合内科は全部の病気が他の内科より少し強いか、だいぶ強いです。(ただし各科の専門領域の知識には勝てません。)

 

感染症などは他の科より圧倒的に強いのも特徴です。

 

なので、身近な病気の相談はとても頼りになります。

 

将来の自分の健康をなんでも頼れる医者と結婚したいなら、総合内科です。

 

 

 

外科系医師

外科系の医師は非常に多忙で、手術を何時間も行う体力と、緊急手術を行う気力があるため、タフな人が多いです。

 

 

外科

消化器外科や呼吸器外科や心臓外科と細分化するべきかもしれませんが、忙しく、緊急手術もあり、夜の呼び出しも多いです。
最も忙しい科の一つと言って良いでしょう。

 

給料は病院によって決まるため、多い病院もありますが、医師の給料が一律の病院の場合バイトができないので給与水準が高いわけではありません。また、手術は大きな病院で人出を集めて手術するため、開業も難しく、外科医が開業するのはメスを置いたとき、と表現されます。忙しくて給料が多いわけではないのですが、人を助ける手術をしたくて志す人が多いので、医師の仕事に誇りをもって、プライドを持って懸命に手術をしている、医者の鏡です。医者はみんな外科医を尊敬しています。

 

忙しすぎることでなり手が減ってきている科ですが、AIでは代替できないので、将来の安定性もあります。

 

 

ハードワークをこなせる体力があり、男気がある医者が多く、飲み会も多く、浮気率は高いです。

 

人を助けるカッコいい医者と結婚したいなら、ダントツで外科医です。

 

 

 

整形外科

骨折などの怪我から、関節の病気や、スポーツ医学まで、活躍の幅広い科です。
体育会系で、スポーツをしていた人が希望することが多いので、スポーツマンも多い科です。

 

竹を割ったような性格の良い人が多いです。給料は病院によって決まるため、多い病院もありますが、医師の給料が一律の病院の場合は働きよりは少なくもらうことになります。夜中の呼び出しも多く、緊急手術もあるため忙しい科です。診断書などの書類作成も一番多い科なので、とても多忙です。

 

病院に対する収益の貢献度が高く、売り上げ毎に給料に差がつくようになったら一気に増える科です。

 

整形外科は交通事故の診断書や日常の怪我など、間口が広いので開業にも向いています。

 

体育会系の明るい人が多い外科系なので、浮気率は高めです。

 

多忙だけど稼ぐ力と、男性力のある医師と結婚したいなら、整形外科です。

 

 

 

眼科

眼科は、目の病気を治療する科で、白内障などの細かい手術なども行います。
入院管理を基本的にはしない科なので、オンとオフがはっきりしています。当番制のシフトを組みやすいため、生活の質はとても高くなります。
コンタクトのバイトが高単価で時間をとりやすいことと、土日にもバイトできることから、給与所得も非常に高く、他の科より裕福です。開業のコンタクトクリニックも、成功するととてもでかい(最大2億/年)などのこともあります。

 

AIが発達して、眼や眼底を機械で100%判定できるようになった時に、供給過多になる可能性があるかもしれませんが、現時点で生活の質と高収入を一番両立している科です。

 

高収益、生活の質を両立した医師と結婚したいなら、眼科です。

 

 

 

皮膚科

一般的な皮膚の病気を見る皮膚科と、癌を中心に診療する皮膚科医で住み分けられます。
アレルギー疾患などを扱ったり、皮膚の手術をしたりします。
入院管理を基本的にはしない科なので、オンとオフがはっきりしています。当番制のシフトを組みやすいため、生活の質はとても高くなります。
皮膚科のバイトはそれほど多くないので、給料は突出しているわけではありません。自由診療のバイトや開業をすると、収益を大きくできる可能性があります。

 

一緒に生活を楽しんでくれる医師と結婚したいなら、皮膚科です。

 

 

形成外科

あまりわかりませんが、高収益だと思いますし開業して成功したらすごいと思います。
病院の勤務医の形成外科医の先生は、皮膚科と特徴としては似ていると思いますが、褥瘡などの管理をやってくれるような場合は忙しいかもしれません。

 

 

 

完全に独断と偏見ですが、思うままに書いてみました。
ただ、それぞれの人毎に信念があって科を選んで、懸命にやっていますので、何にときめくか考えてみてください。