医者の彼氏が居るんだが結婚してくれない問題に対して

彼氏が医者で、付き合っているものの結婚してくれない、という方が時々居ます。

 

我々の元カノの中にも、そういう人は居たのでしょう。

 

では、なぜ結婚してくれないのか、問題点と解決策について考察してみたいと思います。

 

遠慮なく書くので、気分を害されたら申し訳ありません。

 

 

 

結婚するメリットがない

男性医師にとって結婚とは、最も大きな契約です。

 

「婚姻届けに判を押すことは、借金の連帯保証にになるよりも恐ろしい」とルビを打った本があるのですが、専業主婦になる女性との結婚は、
強制的に手取り年収が半分以下になり、かつ自分の時間が減り、かつ女性遊びができなくなる契約(しかも解約できない)
なのです。

 

想像してみてください。

 

あなたが、毎日努力して朝から晩まで汗を掻いて、10年間毎日庭を掘り続けたら金塊が出てきて、金塊を売ったら5億円になったとします。

 

ある日彼氏が、「それを半分もらうね!」「残った分も、使い方を決めてあげるよ。俺たちにとって良い使い方にするよ!」と言われたらどう思うでしょうか。

 

だいぶ考えると思います。あ、ちなみに彼氏はイケメンですが、無職です。

 

結婚の提案というのは、この契約に他なりません。

 

で、ここで重要なのが結婚するメリットとデメリットです。
例えば、相手がイケメン公務員だったらどうでしょう?

 

ある程度は相手の給料もあるので、アリかもしれませんよね。

 

相手がイケメン社長だったらどうでしょう?
全然アリですよね。

 

相手のことが大好きで、けどもしこの提案を断ったら離れてしまうとしたらどうでしょうか?考えますよね。

 

彼氏が医者で、付き合っているものの結婚してくれない問題にとって、相手は、この段階です。

 

 

 

とは言っても、この権利は、いつかはどうせ誰かにあげないといけないので、時期が合えば結婚してくれます。

 

 

ただ、
・あなたの容姿は代替不可能なほど希少性がありますか?
・あなたの年齢は、5億差し出す価値を十分に担保しますか?
・あなたの行動は、5億円を10億円の体感に変えてくれますか?
・あなたと過ごす時間は、5億円を3億円にしたとしても選ばれますか?
・あなた自身は、同じように5億円稼げますか?
・全部捨ててリスクをとれるくらい、好きな気持ちを伝えてますか?

 

そうでなければメリットないですよね。

 

 

 

彼氏が居るんだが結婚してくれない問題の解決策

 

あなたとずっと過ごす権利、誰にもとられずに一緒に居る権利が、高ければいつでも結婚します。ただ、そうでないときでも結婚したい時期はくるので、そこを狙う戦略もありです。

 

 

 

時期でない彼の場合

医者には、キャリアプランにおける結婚の時期があります。
研修医のころは結婚しなかったり、医者になって4〜5年は結婚しない人も居ます。

 

この時期は、自己研鑽に充てたい、全力を注ぎたい時期なので、結婚による「成長時間の棄損(きそん)」に対する防衛意識が高いです。

 

 

・夜間の当直(寝不足)
・自分の時間を作っての勉強
・発表資料作り
・論文作成
・激務

 

これらに支障が出そうな結婚や、子育てに対して否定的な時期になります。

 

 

この時期の結婚してくれない彼氏への戦略としては、重くなりすぎない範囲で、

 

・来てもらうのではなく会いに行く
・彼の時間を作るサポートをする
・週末前の金曜日などを利用する
・予定を入れすぎない
・飲み会などの足になる

 

土曜日に部屋でまったりと小説を読んでいてくれる彼女とか良いです。
緊急で呼ばれた彼氏に笑顔で、「頑張ってるのかっこいいよ、好き、終わったらゆっくり休んでね!」と言えれば満点でしょう。

 

部屋にそっと甘いものでも添えて帰ってあげてください。

 

 

そうすると、彼の中で
・時間棄損リスクの減少
・成長による、5億円の価値が増大
するため、契約に対するハードルが下がり、かつ引き際が良い彼女に対しては、
・売約リスク
の上昇のため、記念日にプロポーズしよ、となります。

 

 

 

大学院にいく予定の彼の場合

さて、男は、こんな契約への重みにしり込みする一方で、やっぱり家族は養わなければというタフなメンタルを持っています。

 

そんな彼が経済的にしり込みする理由は、ずばり2つです。

 

・大学院時代は極貧になる
・留学したくてお金が居る

 

このキャリアプランを持っている医師の場合、お金に対する漫然とした不安があります。大学での出世や、医師としての一般的なサクセスロードを考えると、典型的ともいえるキャリアプランなのですが、この2つの時期はかなり貧乏です。

 

真面目な話、専業主婦と結婚した先輩とかを見て、しり込みしてしまうわけです。

 

この時期に対しては、あなたの背景によってキャリアプランは変わります。

 

女医さんなら、「いつか何年か海外住んでみたいー」で終わり。オールOKです。

 

看護師さんなどの資格持ちなら、「結婚しても働こうと思うけど、相手の希望もあるから相談だよねー、子育ても楽しそうだし場所選ばなければどこでも復帰できるから資格あってよかったなー」でOKです。容姿+資格で結婚です。

 

家が資産家の場合。OKです。

 

 

OLさんや専業主婦希望の場合、どうするか。考えられる戦略は、倹約家戦略です。残り物で料理を作って、「私自慢じゃないけど大学時代食費月1万だったから」といえば、行ける!と思う(かも)です。容姿を付ければOK。このキャリアプランの人は、良い人と結婚できるかという不安もありますから。

 

彼の病院に社宅があれば、「結婚したら社宅すめるとかお得な職場だね!」とか、プレゼントを聞かれたら、「お花ほしい!飾って一緒に写真撮りたい!」とか言われたらキュンとします。

 

ちなみにうちの場合は、「私働くよ!そういう時期は任せて!」と言われて結婚して、残念ながらすぐに専業主婦になりました。
あいまいな嘘って大事ですよね。

 

 

 

 

実は、結婚なんて簡単です

 

結婚する価値>>>>>>>>>>結婚するリスク
であれば、ほっといてもプロポーズしてきます。年とか、関係ないよ。

 

専業主婦はリスク高いんですわ。
トロフィーワイフ(美人な元モデルとかCAとか)は、維持費がかかるから。けど欲しくなっちゃう。

 

リスクが丸見えだったら、医者の彼氏が居るんだが結婚してくれない問題は解決しないんですね。
雰囲気を制すれば勝ちです。求めるのではなく、安心させて、欲しくさせませしょう。