医者と結婚するとき、家柄って問題になるの?

医者と結婚するとき、相手の家柄は関係するのでしょうか?

 

 

これは、「人による」のですが、人によっては全く気にしない人もいる一方、家族に紹介する段階になって親が認めず、猛反対してくる人も居ます。

 

 

相手が家柄を考える人かどうかを見極めるためには、まず、どのタイミングで家柄のことを考えるかを知っておきましょう。私の場合は全く気にしないのですが、人によっては医師以外認めないとか、片親を嫌がる人とか、大卒以外無理とかいろんな意見の人に合いますので、参考になれば幸いです。

 

 

家柄を気にする時期

@付き合う段階
A結婚を考える段階
B親に紹介する段階

 

時期について、この3つにわけて考えると良いです。

 

 

@付き合う段階で相手の家柄を気にするかどうか
彼女として付き合いたいなという時は、ほとんどの人が家柄は気にしません

 

というのも、付き合っても分かれてしまうので、顔とか性格とかだけで判断材料としては十分だからです。特に遊びで付き合う場合には、家柄のこととか全く気にしないのです。

 

ただ、もし将来を考えて付き合う場合(付き合ってほしい場合)に関しては、気にする人は居ます。もし自分の家柄が気になっていて、相手がOKしてくれそうか、という時には、相手が自分の家について話を聞いてくれた後の反応をみましょう

 

 

相手と少し距離ができてしまうようでしたら、その距離は将来大きな距離になってしまう可能性があります。

 

男は、なんとなく家族が家柄を気にするタイプかどうかを見て知っていることが多いです。そのため、付き合って半年くらいの時に、「医者ってなるの大変だよね、両親って厳しい人なの?」とそれとなく聞いていましょう。干渉が強い人だったり、厳しい人っぽい場合、「結婚相手の条件とかあるの?」と聞いてみると良いでしょう。この時期待する返答としては「うちはそういうの全然気にしない人だよ」という答えです。「結構うるさいんだよねー」という人の場合、要注意と言えるでしょう。

 

 

A結婚を考える段階で相手の家柄を気にするかどうか
いざ結婚をいしきしたときに、初めて相手の家柄などが自分の親に合っているかどうか意識する人も居ます。
これは特に若い医師の場合に多いのですが、今まで全く気にしていなくて好きで付き合っていたけど、いざ周りも結婚して、結婚を意識し始めて初めて家柄を意識する、というケースがあります。

 

それで合わなかったら悲惨ですが、そうならないように、少し早い段階で親が厳しい人なのかどうか探りを入れておきましょう。

 

 

B親に紹介する段階で反対される場合
実際に時々あるのが、親に紹介したら大反対するケースです。
・両親がお見合い結婚
・医者家系
・母親がお嬢家系
の場合に、反対してくるケースが出やすい印象があります。

 

そのうち、家が開業医の場合には注意しましょう。というのも、開業医の息子は、将来家を継ぐことを前提にしてキャリアプランを組んでいるケースが多いため、家を選んでしまうことがあるからです。相手がサラリーマン家系もしくは勤務医の場合は、実際には彼氏が結婚にさえ踏み切ってもらえば問題なく、近くに住まなければよいだけの話です。孫ができたら結局は会いたくなって態度が軟化するので、少し離れたところに住むよう、結婚後に誘導すればよいだけですし、サラリーマンの家庭出身の医師は家への帰属意識が高くないので、自分を優先して動くことが多いのです。

 

そういった意味で、開業医の息子の良い家出身の医師の場合は、結婚後に資産が入り裕福度が増す代わりに自分の家の家柄を重要視される可能性が高まることを覚えておきましょう。

 

 

家柄を克服する裏技

では、今の自分が、家柄でもめるリスクが少し高い場合、どうしたら良いでしょうか。

 

方法は3つです。
@簿記や会計の資格を取る
A英語力をつける
B質素倹約する

 

開業医の場合、実は経理会計は妻の仕事です。そこで、資産もない、家柄もよく分からない専業主婦志望の女性が家に来てしまっては困るわけです。せめて大卒にしてと思われるのも、そういう背景に一因があります。いざという時に役に立つかどうかです。

 

そのため、先んじてそういう経理関連のことができる資格を見せてしまえば、つぶしが効くのでハンデが無くなります。

 

 

英語力は、子供の教育への投資です。家柄を気にする家庭は、孫の教育への影響を考え、家柄で女性をふるいにかける側面があります。そこで、子供の教育の役立つアドバンテージを持っておけば、子供に対する教育上の心配を減らすことができ、来てほしい奥さんになります。

 

 

まとめ
家柄を気にする人は確かに一定数居るので、あらかじめ付き合っている段階で探っておきましょう。結婚を意識させる必要はなく、世間話の一環として子供のころの話とか、兄弟の話とかからそれとなく探って、家柄を気にする人かどうか確認してみましょう。

 

ちなみに、お見合いや結婚相談の場合は、すでに家柄の問題はクリアできていますので気にする必要はありません。