スポットバイトの探し方と紹介会社の選び方

私の場合、週末や外勤日の夜の当直など、Duty workのない日には、バイトを入れています。
平日の夜間に関しては、常勤先があるときには、寝当直かオンコール待機+週末のスポットバイトがオススメです。

 

寝当直で2.5-5万円/日 オンコール自宅待機で数千〜数万+インセンティブという形なら、疲れすぎずに働くことができます。私の場合は、外勤の非常勤バイトが比較的ゆとりがある1日なので、外勤前日に当直バイトを入れています。(以前は週一のオンコール自宅待機を入れていましたが、その場所の呼び出しが比較的多かったので、やめてしまいました)

 

 

バイト先の探し方

医局からの派遣だったり、友人からの紹介もあります。医局からの場合のメリットは、医局内の仕事としてバイトに行けるという環境面のメリットがありますが、その条件がいつも用意されているわけではありません。
自分で探す場合には、バイト斡旋の会社を利用して、定期の週1回の非常勤バイトを契約したり、その都度でスポットで応募します。

 

 

 医師バイトの会社に登録する前に必ずすること

バイト会社に登録するときには「絶対に自分のメインのメールアドレスを登録してはいけない」ということを認識しておきましょう。仕事で使うような、自分のメールアドレスを登録してしまうと、その後毎日、大量にメールが来るため、仕事に支障が出ます。

 

そのため、医師バイト会社に登録する前に、バイト登録用のメールアドレスを作りましょう。

 

 

私がしているバイト探しの方法ー週末編ー

私の場合は、民間医局/エムスリー/医師バイトドットコム/日経メディカルキャリア/リクルートドクターズキャリアに登録しています。

 

 

民間医局

寝当直や訪問診療の往診待機を応募したい場合、民間医局を探します。

 

スポットバイトの探し方と紹介会社の選び方

 

民間医局のホームぺージも、探しやすさは結構良いです。曜日と条件を押して、探すだけ。
スポットバイトの探し方と紹介会社の選び方

 

 

絶対的に便利なのが、民間医局のホームページの「出発駅から選ぶ」です。
自分の出発駅から何分以内の場所なのか、というのを自分で探すのは正直面倒ですが、これならかなり時間短縮になります。

 

医師バイト斡旋会社って、時間短縮できないと意味ないと思うんですよね。やたらにメールを、しかも一目では案件の確認もできないようなメールを送ってくるのは時間泥棒だと思います。民間医局はそれがないのが好きです。

 

訪問診療とか当直のバイトは案件数も最強だと思います。
ちなみに、民間医局からは案件募集のメールは1日1回しかきません。ログインの案内だけです。
なので、来たメールでは案件確認できず、ログインして見に行く形になります。うざいメールが来ないという利点があり、そこも私的には高評価です。

 

 

往診待機のバイトなどは、ここで探しています。
スポットバイトの探し方と紹介会社の選び方
往診待機とかオンコール待機とかもあります。

 

 

民間医局
案件の多さ・・・・・・・☆☆☆☆☆ 5点   
案件の単価・・・・・・・☆☆☆☆☆ 5点
検索利便性・・・・・・・☆☆☆☆☆ 5点
メールの見やすさ・・・・☆★★★★ 1点(迷惑メールが来ないのである意味☆☆☆☆☆)

 

 

 

 

その他

エムスリー
医師バイトドットコム
日経メディカルキャリア
リクルートドクターズキャリア

 

信じられないくらい大量にメールが来ます。そして読みにくい。某会社の場合は、開封ギミックかというくらいひどいです。
エムスリーは検索機能は優れているので、そこは良いですがメールアドレスは必ず別に用意しましょう。医師バイトドットコムは、ホームページの検索力に課題がとても残ります。フォロー力は魅力的です。
日経メディカルキャリアは、最近使い始めたところですが案件が多いです。ただ、3回応募して3回とも充足していましたという返事が来たのと、返事が来るのがだいぶ遅かったfirst impressionがあって、足が遠のいています。リクルートドクターズキャリアは登録しかしていません。というか、実際にはMRTと民間医局だけでほぼ探し終わってしまうので、ほとんど利用する機会はありません。

 

 

 

Conclusion(まとめ)

お勧めのバイト会社を書いてみました。やっぱりトータルバランスで考えると、MRTと民間医局がいいですね。この2個しかほぼ使っていないことに改めて気が付きました。ありがとうございます。