医学部 夏休み

 

医学部の夏休みは、他の大学より短いです。
7月末ごろから9月の1週くらいまでなので、他の学部より数週間分短くなってしまいます。

 

また、東医体や西医学体という医学部同市の部活の対抗戦が8月頭のあたりにあるので、それに出場するとそれまでの間みっちり部活があったりします。
医学部は場所によってはかなり体育会系なので、みっちり部活で夏休みはさらに短くなるということがあります。

 

医学部一年目で夏休み中に免許を取ろう、と思う場合、2週間くらいの間で免許を取らないと夏休みがほとんどなくなってしまうということもあります。年次が進んでくると、大学によっては休み明けにテストをかぶせたりしてきて、勉強に追われて夏休みが減ってしまう場合もあります。

 

冬休みや春休みもほかの学部と比べてかなり短いので、他の学部のように休みを利用して何かをする、ということがしづらいような場合もあるので、予定は早めに立てて行動するようにしなければいけません。

 

 

 

医学部生は夏休みにどんなことするの?
@帰省する
医学部生の夏休みで多いのは、地元に帰るということです。
医学部生は、もともと住んでいる場所から離れた大学に行っていることも多いです。
そのため、長期連休を利用して実家に帰ったり、地元の友達と遊ぶという人が結構います。

 

これは、地方や都心の大学に多いように思います。

 

 

A部活をする
部活の大会が長期連休中や明けにあるので、部活をがっつりやるという人がいます。

 

 

B海外に行く
旅行や研修で海外に行くことがあります。

 

C病院見学に行く
5年生が一番多いですが4-6年生の間に、初期研修を行う病院を探すため病院見学に行ったり、病院実習に行ったりします。
病院の見学ができるのは平日のみなので、平日で時間がとれる夏休みや冬休みや春休みを利用して、病院見学に行きます。

 

 

こんな感じで夏休みを過ごしていますが、もう少し長くなればいいのになーと思うときもありました(主に毎年)