医学部 国立 学費

医学部の学費は一般に高いと考えられていますが、国立医学部の学費は年で50-60万円と普通の学部と変わりません。

 

他の学部に比べると、6年間分の学費が必要(2年分多い学費が必要)なのでその分はかかりますし、教科書代もある程度(年間10万円くらい)かかりますが、医学部以外の都心の私立大学に通うことに比べたら、多くは安く収まってしまうことが多いです。

 

 

国立医学部の場合、6年間の生活費と学費は、県外の場合1000万円くらい、自宅から通う場合は500万円くらいです。

 

 

医学部に来る人の生活層は、結構まちまちです。

 

すごくお金のある人で、入学と同時にマンションを買ってもらって住むようなお嬢(女の子が多い印象)や、裕福な家庭の子も多いです。

 

他の学部と比べたことはないので正確ではありませんが、国立と言えどかなりお金持ちの家の子率は高いような印象はあります。

 

 

しかし、中には、奨学金で来ている人や、バイトで家庭を養いながら通う人や、お昼にカップ麺や駄菓子で過ごすようなギリギリの生活をしている人もいます。(友人の中には、Kcal/円という、一円あたり何キロカロリーかを計算して生きている人も居ました。)

 

 

ということで、医学部生のお金もち度合いはまちまちですが、医者家庭以外の人も結構多いですし、バイトや奨学金で通う人も居れば、裕福な人もいます。国立の場合は学費が安いので、いろいろな人がいるよということです。