医者のバイト比較

医師は生涯の中でほぼ確実にバイトをしますが、出来れば自分の体力や、能力に合った、時給の高いバイト先が探せると良いです。

 

医局の派遣で行くバイトも良いですが、自分で案件を探していけるようにしておくことも大事です。週1回バイトすると、1回4-5万のバイトなら、16-20万/月に上乗せできます。

 

このページでは、医者バイトの比較をしていきます。

 

 

健診、透析、当直、寝当直、コンタクト、献血を比較

 

時間的余裕/特殊性/リスク/時給/レア度で、医師のバイトを比較します!

 

@自由時間は殆どないが、誰でも出来てリスクが少ない-健診アルバイト+インフルエンザ注射編-

健診バイトは、その名の通り健康診断のバイトです!

 

大体相場は、時給7000円〜1万円くらいです。基本的に元気な人が来てリスクは低めに見えますが、何か重大な病気が隠れていないか注意が必要です。

 

バイト中は結構忙しいです。

 

健診バイトも初めてで心配!って人は、インフルエンザ予防接種バイトがオススメです。インフルエンザ接種前の定型問診だけ、または+皮下注射だけですので、超ローリスクですが、予防接種の時期は一時なので需要>>供給となり、値段もある程度担保され、交通費も支給されます。

 

秋の学会シーズンでは、インフルエンザの予防接種バイトがないかどうか探してみると良いでしょう。

 

バイトをする雰囲気もつかめます。バイトの登竜門に、お勧めします。

 

 

 

A自由時間はあるが、専門性あり、急変リスクがあり、求人少ない-透析バイト編-

透析のバイトは、救急の知識があれば対応できることが殆どですが、透析独自の言い回しなどもあるため、はじめは、誰か相談できるようにしておくと良いでしょう。

 

透析患者さんは心血管リスクが高く、急変があります。

 

基本、何もなければ技師さんや看護師さんがメインの場なので、自分の時間を持つことが可能です。勉強したり、一度出来るようになっておくと便利なバイトです。

 

 

B自由時間が少なめ、専門性中等度、急変リスクあり、時給高め-当直編-

 

忙しさと、収入が見事に比例します。

 

・働く当直
・寝当直

 

の2つに分かれます。

 

寝られない当直だと、おおむね高いです、場所によっては、一人診療ごとに、追加で1000円。救急車2000円、入院5000円などと、インセンティブ(追加報酬)のあるところがあります。

 

そういうときに風邪や胃腸炎の家族連れなど、軽症患者さんが来ると、後光が差して見えます(笑)

 

救急が診れるようにしておくと良いです。

 

 

 

C自由時間あり、誰でも出来てリスクがかなり少ない、ちょっと安い-寝当直編-

慢性期病院や回復期リハビリ病院や、老健などの、施設医としてのアルバイトです。

 

何かあれば呼ばれますが、呼ばれる頻度も低く、その時の対応も一般的な内科の知識で対応可能なものが多いです。

 

1回25000円〜50000円/日くらいと、施設により幅があります。

 

時給換算では安いですが、基本寝ているか自由に過ごすので、起きている時間に対しての費用対効果はとても良いといえます。

 

・夜中に、自分のメインの病院で呼ばれないこと
・良い施設にめぐり合うこと

 

上記2つを満たせば、とてもオススメです。

 

自分がどこかに缶詰になる、というのは、思いのほか集中力を高め、自分の勉強時間にも当てられる人も多いようです。条件の良い案件を見つけましょう。

 

 

 

D自由時間あり、専門性中等度あり、急変リスクなし、時給↑、求人多い

 

-コンタクトバイト編-

 

募集内容で、大体の忙しさが分かるので、自分の時間と調整ができます。募集も多く、自分の空いた休みに、すぐに入れることができます。

 

角膜疾患は、勉強さえしていれば、予期せぬ急変は極めてレアでしょう。

 

診療中、自分の時間を確保しやすいバイトです。

 

眼科以外の医師でも可能ですが、最近は世間も厳しくなりつつあるので眼科医が行った方が間違いは少ないと思います。

 

 

当サイトの管理人は、すべてのバイトを一通りおこなったことがあります。最大で年間800万くらいはバイトだけで過ごしたことがあります。

 

現在は自分の時間を確保できる、寝当直と透析を中心にバイトしています。