幼児教育教材で、オススメする通信講座

子供には、できるだけ良い環境を作ってあげたいですよね。とは言っても、初めての子育てだと、何が一番いいのか悩みます。

 

できれば子供の月齢に合った、成長を手助けしてくれるおもちゃや動画を探したいなと思ったとき、幼児用の教育教材をお勧めします。

 

幼児教育用の教育教材を取り寄せることで、子供の成長段階ごとに最適な学びを、逃さずに得ることができるようになります。

 

 

幼児教育教材のメリット

幼児教育は、子供が自動的に育っていく魔法ではありません。子供とお母さんが、一緒になって取り組むことで、成長していきます。

 

例えば、同じ積み木で遊ぶ場合を考えてみましょう。ただ買われた積み木を、子供が一人で持っていても何も成長しません。お母さんが実際に何段も積み上げられることを見せることで、子供が「こんな風に乗せれるんだ!」と学びます。

 

お母さんがお手本を見せて、「何段も積むにはどうしたらいいんだろう?」というように、子供に試行錯誤してもらうよう誘導してあげると、子供は持ち方を学んだり、載せ方を学んだり、重心を学んだりします。

 

 

すべては、お母さんと子供が共有した時間を作ることで生まれます。

 

その「きっかけ」となる素材を、「成長段階」に合わせて適切にそろえることができるのが、幼児教室の通信教材です。

 

自分で選ぶ場合の、「時期と違うおもちゃになってしまう」ことや、「その時期にやっておくべき成長段階の遊び」をせずに、ユーチューブを見せてしまうだけになってしまうリスクを回避することができるようになります。

 

 

幼児教室の場合は、それをプロにお願いする形で成長を促しますが、それを、家でする場合には、

 

・自宅でいつでもできる
・機嫌の良い時に取り組める
・成長度合いを実感しながらできる
・子供の成長度合いに合わせて速度を調節できる

 

というメリットがあります。

 

 

子供の成長段階に応じたおもちゃを選ぶのは、小児科医でも難しいです。なぜなら、「発達段階を知っていること」だけではなく、「それを成長させるための教育手段」の2つを知る必要があるからです。

 

それを自分の力だけで最適なものを選ぼうとしたら、
・医師に匹敵する子供の発達の知識
・保母さんに匹敵するくらいの教育の知識
を、まず勉強しないといけなくなります。

 

そんなことを勉強している時間より、子供と触れ合う時間の方がはるかに大事なので、知育教材に関しては、プロの商品を選ぶ方が確実です。

 

 

このページでは、私のように、自分の子供の教育に力を入れたい人向けに、子供の教育に良い、将来医者になった後にも役立つだろうと考えて選んだオススメを紹介します。

 

 

 

幼児教育教材おすすめランキング

 

ベネッセ こどもちゃれんじ
子供を医学部に入れるまでに必要なこと

 

「こどもちゃれんじ」は、幼児教育で有名なベネッセの幼児教育教材です。

 

ベネッセは歴史のある会社です。25年以上の幼児教育の経験があるため、子供の成長段階に合わせた玩具やDVDや絵本を選んでおり、子供の成長の手助けをする教材を毎月選んで送ってくれます。

 

そして、しまじろうであるということが、もう一つのオススメポイントです。しまじろうに出てくるキャラクターは、正確の良い子が多く、温かい話が多いです。そういうキャラクターを好きになってくれるのもメリットです。

 

子供が好きになるキャラクターは、しまじろうだけでなく、アンパンマンやトーマスなども居ます。しかし、動画を見てもらうとわかるのですが、アンパンマンやトーマスの動画には「いじわるな子」や「悪い子」が居て、悪さをして退治されたり、意地の悪いことをします。

 

そういうことを真似せずに、しまじろうに出てくるような心の綺麗な子になってほしいなと思いますので、しまじろうの動画であることが大きなメリットです。

 

価格 1,967円(月額)
評価 ☆☆☆☆☆
備考 無料資料請求時にもらえる特典グッズが子育てに便利

 

月額あたり1697円からです。

 

公式サイトを見る

 

もっと詳しく見る

 

 

 

ディズニー英語